日本の大学院生「バイトしながら研究しないと・・・」 ←これ海外の人笑うらしいな

カテゴリ:雑談
タグ: 研究
science_nou_kenkyu.png





1 :絶望的な名無し(. . ) 2020/11/15(日) 23:17:29.07 ID:/hPMAqVH0.net

山本尚中部大学教授:私が一番言いたいのは、ヨーロッパやアメリカ、中国の理系の大学院の学生で、給料をもらっていない人は一人もいない。

反町キャスター:院生でもらえるんですか?修士、博士どちらも?

山本教授:修士、博士どちらでも、というのが多い。

反町キャスター:え、修士課程に入ったら国からお金をもらえるんですか?

山本教授:そうです。

反町キャスター:へー

山本教授:アメリカの場合は研究費を通して国から、ヨーロッパの場合は直接国からです。これがないんです、日本には。
これが大変なことになりつつある。非常に良い仕事をしている先生方によく言うのですが、後ろ振り向いてご覧なさい、誰もついて来ていないですよ、と。
そんなことで、日本の科学技術がうまく発展していけるでしょうか。

https://imgur.com/on8G8zv
11 :絶望的な名無し(. . ) 2020/11/15(日) 23:20:49.56 ID:U4KIAF970.net

これなんなんだろうなマジで
21 :絶望的な名無し(. . ) 2020/11/15(日) 23:23:57.45 ID:U4KIAF970.net

>>17
国の教育軽視の成れの果てだよ
食えなきゃやってけねぇべ
12 :絶望的な名無し(. . ) 2020/11/15(日) 23:21:13.22 ID:l1lPcmSz0.net

笑えん
5 :絶望的な名無し(. . ) 2020/11/15(日) 23:19:23.23 ID:epoKOyEf0.net

日本大学危機管理学部は草
8 :絶望的な名無し(. . ) 2020/11/15(日) 23:20:08.92 ID:WQPgR9Qed.net

>>5
これって卒業したら危機管理学士になるんか?
7 :絶望的な名無し(. . ) 2020/11/15(日) 23:20:07.03 ID:c/HLWXndp.net

だからバイオ系の研究したけりゃ医者になるのが正解なのよ
18 :絶望的な名無し(. . ) 2020/11/15(日) 23:22:50.81 ID:XzVK7OyG0.net

なに甘えてんの?
役に立つ研究なら売り込んで支援者になってもらえよ
日本人って自主的に動けないわけ?
112 :絶望的な名無し(. . ) 2020/11/15(日) 23:38:10.71 ID:s4nhTFNva.net

>>18
そんなこと出来たら博士になってないやろ
23 :絶望的な名無し(. . ) 2020/11/15(日) 23:24:07.62 ID:clolXfIn0.net

いうて日本の院生の大半は研究の道に進む奴じゃねえしそれでよくね
102 :絶望的な名無し(. . ) 2020/11/15(日) 23:36:56.58 ID:emuhRHWR0.net

>>23
ここでいっとるのは大半が研究の道に進まないのが問題ってことや
もっと待遇を良くせんとあかん
108 :絶望的な名無し(. . ) 2020/11/15(日) 23:37:51.39 ID:TlmG+bO1p.net

>>102
待遇を良くするって誰がその分負担するんだ?
133 :絶望的な名無し(. . ) 2020/11/15(日) 23:40:27.69 ID:emuhRHWR0.net

>>108
国やろ
それを山中先生はいっとる
結局税金やから国民の負担になるが科学技術はあがる
31 :絶望的な名無し(. . ) 2020/11/15(日) 23:26:30.74 ID:qcHcvwVQ0.net

学振通せばええねん
42 :絶望的な名無し(. . ) 2020/11/15(日) 23:28:11.54 ID:PdIlvCibd.net

>>31
学士時代からガチれば通る気がする
ワイは修士から頑張って、フィールドワークとか国際学会発表とかしたけど間に合わんかったわ
37 :絶望的な名無し(. . ) 2020/11/15(日) 23:27:11.63 ID:mQrpalh7r.net

ガチで研究したい奴は海外いくやん
自己責任論を極めすぎた結果自爆しとるんやで日本は
38 :絶望的な名無し(. . ) 2020/11/15(日) 23:27:22.58 ID:a7xzIwQH0.net

アメリカの理系は自分で売り込んで研究費ぶんどってくるからな
日本はいい研究してたら当然に支援されると思ってる技術者信仰強いからダメなんだよ
48 :絶望的な名無し(. . ) 2020/11/15(日) 23:29:39.17 ID:J3/Uz95K0.net

学振貰えるし、研究室内でほぼ実働なしのバイトもあるけどな
51 :絶望的な名無し(. . ) 2020/11/15(日) 23:30:03.77 ID:qcHcvwVQ0.net

>>48
TAでいくらかもらえるよな
52 :絶望的な名無し(. . ) 2020/11/15(日) 23:30:13.65 ID:PdIlvCibd.net

学振貰ったら学費も無料になる大学多いよな
自腹は無理やでほんま
56 :絶望的な名無し(. . ) 2020/11/15(日) 23:31:20.75 ID:J3/Uz95K0.net

修士まではお客さんなのが日本だからしゃあない
博士は教授も責任あるから真面目に対応する
68 :絶望的な名無し(. . ) 2020/11/15(日) 23:33:05.68 ID:Q2V2v3GqM.net

アホみたいにいろんな無駄遣いしとるくせに学術会議会議の10億にはブチ切れとかほんま頭おかしい
学者には交通費と一回数万の参加費しか支給されとらんのに
95 :絶望的な名無し(. . ) 2020/11/15(日) 23:36:38.53 ID:epoKOyEf0.net

問題なのは日本人が海外の大学院に行かないことでしょ
中国韓国はめっちゃ行ってるのに
国内の修士の学生に金払う必要なんてない
125 :絶望的な名無し(. . ) 2020/11/15(日) 23:39:32.43 ID:emuhRHWR0.net

>>95
世界有数の先進国の学生が海外の大学院に行くのが主流になっちゃいかんでしょ
113 :絶望的な名無し(. . ) 2020/11/15(日) 23:38:20.60 ID:S4w9MY8V0.net

博士号とってポスドクやってるけど、修士出て就職したほうが良かったと後悔してるわ
124 :絶望的な名無し(. . ) 2020/11/15(日) 23:39:28.69 ID:MTbzgs6z0.net

スポーツだと競技の普及やアマチュアの支援に金を出さず一部のフィジカルエリートだけを支援する
なんてことをやり始めたら競技者いなくなって国内でその競技が死ぬことは想像に難くないのに
なんでか学術界隈だとフィジカルエリートだけ鍛えるだけで科学が発展していくと思ってるやついるよな
140 :絶望的な名無し(. . ) 2020/11/15(日) 23:41:16.88 ID:S7hj/lF+r.net

>>124
これ
上の人達は自分で論文の1つも書いた事ないんじゃないかと疑ってしまうわ
130 :絶望的な名無し(. . ) 2020/11/15(日) 23:40:15.03 ID:FrJ+TkAX0.net

社会人博士が最強
ネックの職歴の部分がクリアーされる
正直社会人博士の受け入れと門戸をひらけばお金の問題は何とかなる
134 :絶望的な名無し(. . ) 2020/11/15(日) 23:40:33.06 ID:KmNJPrQi0.net

給料(どんぐり3つ)
141 :絶望的な名無し(. . ) 2020/11/15(日) 23:41:22.82 ID:3VMWEC3N0.net

日本の大学院の研究レベルでマスターが貰えることに感謝するべきだろ
海外だったら卒業できてねえよ
177 :絶望的な名無し(. . ) 2020/11/15(日) 23:45:51.16 ID:wH3iaUbj0.net

>>141
むしろ海外マスターは研究ないことが多いぞ
147 :絶望的な名無し(. . ) 2020/11/15(日) 23:42:02.73 ID:E6PYQHdI0.net

この国は皆んなで平等に貧乏になろうって国なんや
成功者が生まれるより足を引っ張る方が好きなんや
180 :絶望的な名無し(. . ) 2020/11/15(日) 23:46:16.25 ID:TlmG+bO1p.net

>>147
そもそもそれでええねん
たまたま家庭環境と知能遺伝子に恵まれただけの偶然太郎がそうでない人より高い地位につけて多く稼げる社会構造を容認する世の中の方がおかしい
そんなん人種差別やカースト制度とやってることの本質はそう変わらんし現にそうなってる今の社会は是正する必要がある
212 :絶望的な名無し(. . ) 2020/11/15(日) 23:49:20.39 ID:0lp8l5Yaa.net

>>180
階層社会を流動的にするのは教育ですよ
そもそも人間ってのは平等じゃねえから
それを少しでも埋めるのが教育なわけで・・
148 :絶望的な名無し(. . ) 2020/11/15(日) 23:42:10.95 ID:/oR32PUG0.net

学振言ってるやつエアプやろ
あれガチのエリートが神研究室行かんと貰えんからな
236 :絶望的な名無し(. . ) 2020/11/15(日) 23:51:07.36 ID:mbjV9WGDM.net

>>148
論文2,3本あって内容そこそこ練れば通るぞ
あるいは知名度高い研究なら割と名前だけでも通る
160 :絶望的な名無し(. . ) 2020/11/15(日) 23:43:36.54 ID:emuhRHWR0.net

>>148
コレメンス
しかも貰えてもしょっぼい
175 :絶望的な名無し(. . ) 2020/11/15(日) 23:45:36.89 ID:FrJ+TkAX0.net

>>160
宮廷の情報系いるが
結構貰ってる感じだけどね
奨学金と併用不可や俺みたいな社会人は規定で貰えないけど
貰えない程度の研究の奴にはあげる必要ないんじゃね
155 :絶望的な名無し(. . ) 2020/11/15(日) 23:43:16.39 ID:mbjV9WGDM.net

給料貰えないどころかバイトやめさせられて彼女と別れさせられて食事と風呂の時間も管理されて毎日朝から晩まで拘束された挙げ句(もちろん無給)
殆ど研究できず雑用や事務や単純作業ばっかりやらされてたわ
165 :絶望的な名無し(. . ) 2020/11/15(日) 23:44:36.43 ID:emuhRHWR0.net

>>155
わいかな
彼女に振られそうやし土日もこんなスレきてまうくらい研究に毒されとる
190 :絶望的な名無し(. . ) 2020/11/15(日) 23:46:59.09 ID:U4KIAF970.net

>>165
ヒェッ、なんとかもちこたえて
頑張ってクレメンス…
184 :絶望的な名無し(. . ) 2020/11/15(日) 23:46:40.19 ID:91OwRUuL0.net

学問を学べるのは贅沢だからや
その上お金を貰うって強欲すぎる
224 :絶望的な名無し(. . ) 2020/11/15(日) 23:50:14.58 ID:0lp8l5Yaa.net

>>184
これ最近の考えよな
昔は貧乏でも学問はできるという考えだったんだが…
実際図書館はただやし
238 :絶望的な名無し(. . ) 2020/11/15(日) 23:51:19.83 ID:JHLQ820F0.net

>>224
昔は無職が大学の講義にこっそり忍び込んで受けまくってたらしいな
245 :絶望的な名無し(. . ) 2020/11/15(日) 23:52:08.08 ID:0lp8l5Yaa.net

>>238
大学の講義なんて広いから誰が入ってても問題ないのにね
知らないやつ多い
260 :絶望的な名無し(. . ) 2020/11/15(日) 23:53:31.72 ID:JHLQ820F0.net

>>245
地元のFランに忍び込んだら教室内の学生の数合わなくてバレたわ
今はキツイ
202 :絶望的な名無し(. . ) 2020/11/15(日) 23:48:12.84 ID:NyIhQ03a0.net

文系はまだしも理系の院生には何かインセンティブとかあげるべき
あと頭良かったら弁護士か医者っていう風潮も良くない
243 :絶望的な名無し(. . ) 2020/11/15(日) 23:51:59.68 ID:uaNjTusaM.net

>>202
わかる
医学研究者ならともかくただの医者に頭いいやつがなるのはもったいないし
頭いいやつにそういう選択をさせてしまってる日本社会がだめだわ
262 :絶望的な名無し(. . ) 2020/11/15(日) 23:53:45.35 ID:ppcZ7yEY0.net

海外の大学院は日本の倍くらい単位取らなあかんし毎週発表あるから地獄や
272 :絶望的な名無し(. . ) 2020/11/15(日) 23:55:14.56 ID:8Kprn5su0.net

>>262
毎週報告とか無理ちゃうけ?普通に
284 :絶望的な名無し(. . ) 2020/11/15(日) 23:56:34.21 ID:yBQ1d0It0.net

それって"甘え?じゃないのか?
資源に恵まれてない日本は今まで知恵を振り絞ってここまで発展してきたんだよな
302 :絶望的な名無し(. . ) 2020/11/15(日) 23:58:19.42 ID:dw7Kl/C8M.net

>>284
最後に重要なのは躊躇する知恵なんだよなぁ
290 :絶望的な名無し(. . ) 2020/11/15(日) 23:57:07.53 ID:XLi+kkwm0.net

言うても日本の大部分の修士は米国PhDのアドミッションから奨学金付きのオファー貰えんと思うが
301 :絶望的な名無し(. . ) 2020/11/15(日) 23:58:13.83 ID:UhSxUmlLa.net

ワイは院の一年ちょい週6で24時間監禁に近い状態やったけど衣食住はもろてたわ
382 :絶望的な名無し(. . ) 2020/11/16(月) 00:05:24.20 ID:w8FIJIQZ0.net

ワイも院やが正直しゃーないと思っとる
むしろ大学院なんて論文書かにゃならんしその論文が優秀ならDC1にだって採用される
そうしてアカデミックポストの枠も取れる

結局研究したいこの分野やりたい!とか言いながらじゃあその分野で成功するには何したらいいのか、どうすればいい論文が書けるのか逆算して修士のうちから本気だしゃいいものを、それっぽくなんとなく院に進んだアホが脳死で何もせずただ文句タラタラ垂れ流してるだけにしか思えんわ
422 :絶望的な名無し(. . ) 2020/11/16(月) 00:08:19.56 ID:2eYQQWn20.net

>>382
ワイもそう思う
413 :絶望的な名無し(. . ) 2020/11/16(月) 00:07:50.30 ID:a0hsg8y00.net

>>382
これ
うちの研究室のやる気ないやつらなんで大学院いったんか不思議になるわ
306 :絶望的な名無し(. . ) 2020/11/15(日) 23:58:41.78 ID:ABrZrULE0.net

ワイの先輩MBAやけど給料なんてもらってなかったぞ
会社の金で留学したが
322 :絶望的な名無し(. . ) 2020/11/15(日) 23:59:40.54 ID:wH3iaUbj0.net

>>306
MBAとかの専門職修士は研究しないしそういうもんや
高い金払って技術とキャリアを身につけにいく
311 :絶望的な名無し(. . ) 2020/11/15(日) 23:58:51.24 ID:s1nqPlxh0.net

危機管理って馬鹿にしてるけど曲がりなりにも博士号取ってるんやからまともな論文書いとるやろ
348 :絶望的な名無し(. . ) 2020/11/16(月) 00:01:44.23 ID:90jGXJOV0.net

>>311
そこらの大学で教鞭とってる時点で格が違う人物なのは大学出てればわかるしジョークか高卒が言ってるんやろ
355 :絶望的な名無し(. . ) 2020/11/16(月) 00:02:22.78 ID:6wWWLFVR0.net

博士課程からは
なんだかんだ大概何らかの給料もらっとるやろ
368 :絶望的な名無し(. . ) 2020/11/16(月) 00:03:54.06 ID:8Q58/n1R0.net

学問に金出すなって奴多いのが本当怖いわ
ただでさえ少ないのに
369 :絶望的な名無し(. . ) 2020/11/16(月) 00:03:57.09 ID:yPaGhRs20.net

ほんでテレビでは研究頑張って教授まで登り詰めるような人じゃなくてクイズ番組でてる東大生が天才だの東大王だのと祭り上げられるんやで
でも彼ら東大王は悪くないで、テレビでクイズやってる方がお金稼げて素晴らしく見えるほど日本の研究に魅力がないんや
411 :絶望的な名無し(. . ) 2020/11/16(月) 00:07:32.36 ID:ib8S7uiIr.net

>>369
確かになぁ
彼らの優秀な頭脳と大きな自己顕示欲を研究方面に向かわせられたらどれ程有意義だったろうに
431 :絶望的な名無し(. . ) 2020/11/16(月) 00:08:47.20 ID:RSVe4enA0.net

>>369
白い巨塔のときから学者の給料は学歴比で見たら安い散々言われてるぞ
開業医風情って愚弄してる教授も多いやろ
410 :絶望的な名無し(. . ) 2020/11/16(月) 00:07:05.92 ID:70Cf8cZEa.net

>>369
東大生ってただクイズがうまいだけの集まりにしか見えんよな
学問って雑学じゃねえから
416 :絶望的な名無し(. . ) 2020/11/16(月) 00:07:59.87 ID:W+rotLiZ0.net

>>410
アイツらただの事務作業でも仕事でもくっそ優秀やぞ
417 :絶望的な名無し(. . ) 2020/11/16(月) 00:08:00.51 ID:wh4Tga0od.net

>>410
君たちよりよっぽど勉強してると思うで
水上は医学部やったけどそれより勉強してると自信持って言えるんか
432 :絶望的な名無し(. . ) 2020/11/16(月) 00:08:49.33 ID:9ZT7cBFu0.net

>>410
ああいうのに出てる東大生がクイズ大好きなだけやろ
371 :絶望的な名無し(. . ) 2020/11/16(月) 00:04:02.32 ID:0UBvoDal0.net

研究室は地獄だからなサボると周りからヘイト溜まるし研究やっても結果次第で教授から圧力あるしでこんな劣悪な環境で金も貰えないとか刑務所と同じだよな
403 :絶望的な名無し(. . ) 2020/11/16(月) 00:06:53.82 ID:W+rotLiZ0.net

>>371
大学ってそういうとこやし
380 :絶望的な名無し(. . ) 2020/11/16(月) 00:05:14.98 ID:Bm+BwOdK0.net

戦前の方が学術界隈は活発で健全だったのでは無かろうか
390 :絶望的な名無し(. . ) 2020/11/16(月) 00:05:56.09 ID:XfNWcq0/0.net

>>380
基本戦争してる国の方が技術は進むし
458 :絶望的な名無し(. . ) 2020/11/16(月) 00:10:46.39 ID:Bm+BwOdK0.net

>>390
あぁいやすまんそう言う主旨やなくて、
江戸後半に国民が趣味で和算やりあってたりしたやん?
何か昭和初期までの方が純粋に知を求めてたイメージがあるんよ
今は「はい、でそれがなんの役人たつの?」とか「で、それがどう商品と結び付くの?」ってすぐに言われがちな気がして
何の裏付けもないイメージやが
547 :絶望的な名無し(. . ) 2020/11/16(月) 00:17:39.67 ID:TQp7xpYo0.net

>>458
まぁ言いたいことは何となくわかるで
戦前は富国強兵や!国家として国民みんなで学んで強くなるんや!みたいな国家目標と個人の意識が一致してたんやないか
それが敗戦で失われた結果知識を求めるモチベーションというかインセンティブが金に代わったんや
これ完全にワイの妄想やけど
419 :絶望的な名無し(. . ) 2020/11/16(月) 00:08:03.64 ID:D/GPso8sa.net

ワイが院の時に四時間ごとに経過見んとイカン研究あって半年間ずっとワイが観測員やってたがメシと小遣いはもろたな
428 :絶望的な名無し(. . ) 2020/11/16(月) 00:08:44.59 ID:2GKWUsWjd.net

>>419
いつ寝てたんや
440 :絶望的な名無し(. . ) 2020/11/16(月) 00:09:25.89 ID:D/GPso8sa.net

>>428
合間に仮眠よ、三時間×2も寝ればなんとかなったわ若かったし
448 :絶望的な名無し(. . ) 2020/11/16(月) 00:10:04.17 ID:2GKWUsWjd.net

>>440
そら飯とか小遣いもらわんとな
すげーわ
467 :絶望的な名無し(. . ) 2020/11/16(月) 00:11:20.63 ID:D/GPso8sa.net

>>448
まぁ人の研究の観測してるだけでエエからな、本当に四時間に一回30分程度の作業あるだけやったから合間にサークルで運動したり出掛けたりできたし
426 :絶望的な名無し(. . ) 2020/11/16(月) 00:08:36.64 ID:TAFWdwOXM.net

てか向こうは金を産むことを求められるからな
海外大学で教授やっとる日本人とお話しした時も
スピンアウトしまくって会社建てたりライセンスアウトしたりって言うてた
453 :絶望的な名無し(. . ) 2020/11/16(月) 00:10:16.86 ID:nTJ6RlKV0.net

>>426
日本の理系って稼ぐ意識が全くないんだよね
あるのは私腹を肥すことばかり
人間として「小さい」んだわ
517 :絶望的な名無し(. . ) 2020/11/16(月) 00:15:15.94 ID:TAFWdwOXM.net

>>453
そうは思わない ただ清貧を美徳とする文化は多少なりあって弊害だろうと思う
437 :絶望的な名無し(. . ) 2020/11/16(月) 00:09:07.55 ID:aCeh7EP50.net

ノーベル賞レベルの研究者がマラソンやって研究費稼いでるとか頭おかしいからな
459 :絶望的な名無し(. . ) 2020/11/16(月) 00:10:49.41 ID:6wWWLFVR0.net

>>437
あれは単に趣味のマラソンを
仕事っぽく見せてるだけやろ
マラソン趣味の研究者って結構多いで
479 :絶望的な名無し(. . ) 2020/11/16(月) 00:12:09.08 ID:aCeh7EP50.net

>>459
いや研究費の足しにしてるんやぞ
そらずぶの素人が「自費で研究費出さなきゃ… せや!マラソンしよ!
」とはならないわ
441 :絶望的な名無し(. . ) 2020/11/16(月) 00:09:29.79 ID:MFTqEjg30.net

これに関してはガチで何とかした方が良いやろ
そもそもヨーロッパは学費も0やったりするし
442 :絶望的な名無し(. . ) 2020/11/16(月) 00:09:43.61 ID:N5BeZ7RD0.net

強制配属ってどこの大学にもある制度なんか?
学生に人気のない研究室なんて潰れてしまえばええのにアホやろ
学生が集まらなければ条件も見直されるはずなのに頭おかしいで…
494 :絶望的な名無し(. . ) 2020/11/16(月) 00:13:26.23 ID:W+rotLiZ0.net

>>442
大学は研究機関やぞ
卒業要件として研究が必要なのに配属間際でブツブツ言っても仕方ないやん
475 :絶望的な名無し(. . ) 2020/11/16(月) 00:12:02.63 ID:/pGA8Qgxd.net

修士やけど流石に給料は貰っとるぞ
496 :絶望的な名無し(. . ) 2020/11/16(月) 00:13:30.47 ID:uU4GlAkwM.net

>>475
まじか
ティーチングアシスタントじゃなくて普通に給料もらえるんか?
508 :絶望的な名無し(. . ) 2020/11/16(月) 00:14:40.81 ID:/pGA8Qgxd.net

>>496
研究費から貰っとるで
支払える制度はあるんやろ
使わない教授や大学があるだけで
521 :絶望的な名無し(. . ) 2020/11/16(月) 00:15:27.55 ID:W+rotLiZ0.net

>>508
貧乏研究室だらけだから貰えないのが多数派やと思うで
529 :絶望的な名無し(. . ) 2020/11/16(月) 00:15:55.73 ID:p/a7bwOe0.net

>>508

君の教授とわいの教授交換しないか
499 :絶望的な名無し(. . ) 2020/11/16(月) 00:13:46.00 ID:/pGA8Qgxd.net

修士の研究員雇用で月8万はもらっとる
博士がどうなるかは知らんが
503 :絶望的な名無し(. . ) 2020/11/16(月) 00:14:23.72 ID:8evW4+xl0.net

>>499
8万やぞ
学費も免除にならないしとても生活はできない
535 :絶望的な名無し(. . ) 2020/11/16(月) 00:16:23.37 ID:/pGA8Qgxd.net

>>503
修士の奨学金は家計に関わらず
ポイント高ければほぼ全額免除確定やから
しっかりやれば200万はプラスやで

半額でも100万は手にはいる
510 :絶望的な名無し(. . ) 2020/11/16(月) 00:14:44.83 ID:1Ziv27BMM.net

何で海外はそんなに院生支援する金があるんや?
526 :絶望的な名無し(. . ) 2020/11/16(月) 00:15:52.09 ID:8evW4+xl0.net

>>510
これはまあ学部生と修士から学士絞り取りつつ有能OBの寄付を受けてるからやな
日本にはどうにも真似しがたい部分や
531 :絶望的な名無し(. . ) 2020/11/16(月) 00:16:03.18 ID:MeAcqT8y0.net

>>510
税金の使い道をちゃんと考えた結果やろ
これは国の為のいわゆる先行投資や
446 :絶望的な名無し(. . ) 2020/11/16(月) 00:10:01.04 ID:uU4GlAkwM.net

修士で一回も学会発表しないでM1から就活対策してた人が研究頑張ってた人よりいい会社就職する現象
当たり前の事なんだろうけどなんか納得できない
490 :絶望的な名無し(. . ) 2020/11/16(月) 00:13:00.70 ID:LSj/G+Qj0.net

>>446
企業も研究内容とか見てこないんか?
548 :絶望的な名無し(. . ) 2020/11/16(月) 00:17:46.13 ID:cLaQcdWd0.net

アメリカでもバイトしながら研究してる博士多いんだよなぁ…
全てはラボのボスの手腕次第なんだけど
545 :絶望的な名無し(. . ) 2020/11/16(月) 00:17:16.34 ID:fPYP94eGa.net

毎年のようにメンタルぶっ壊して2,3人消えていく研究室にいるんやけど
400 :絶望的な名無し(. . ) 2020/11/16(月) 00:06:36.31 ID:9bBKxn14a.net

大学全入時代が生んだ悲しきモンスターが多すぎる





この記事へのコメント

  • 絶望的名無しさん 2020年11月24日 06:32

    うちは普通に金もらってたけどな