女として中学デビュー口癖は「あ?んだよ雑魚が」とした結果wwww

カテゴリ:雑談
タグ: まとめ
cry_naku_boy.png





134 :絶望的な名無し(. . ) 2016/07/13(水) 01:36:24.04 ID:Y9wFh0EH.net

2chやネット上でよくある、女は○○歳過ぎたらババアとか非処女は生きる価値がないとか
世の中の痴漢の大半は冤罪みたいな偏った書き込みを完全に真に受けてしまってたこと。

私は○○歳過ぎてるからもうババアなんだ、世の男の人の大半は私なんて対象外だし
性的な被害に遭うことはまずないんだ・・自分のことなんて誰も見ていないんだとと思い込んで
生活していた。ある日の仕事帰りに引きこもりの中高生っぽい風貌の男に襲われそうになり
認識を改めた。
それ以来、こういう目に遭うくらいなら勘違いとか自意識過剰だと思われた方がマシだと
吹っ切れて、以前よりも周囲の物事に対してだいぶ警戒心を持つようになった。
135 :絶望的な名無し(. . ) 2016/07/15(金) 17:26:59.82 ID:nDjy5+SZ.net

小学生の頃からずっと片想いしてて、母や友達にも
好きだと公言してた男子がいた(以下Y君)。
中学に入ったら絶対に告白するって周りにも宣言してた。

中学進学して、よし告白するぞって思ってた矢先に
Y君は転校。それも盗撮とかいろいろヤバい事をしてて
学校にいられなくなったというのが理由だと知った
それからしばらくの間Y君の事で散々いじられ凹んだ

高校に進学した際にY君と再会したけど不気味な雰囲気の
痛い人なっていて入学早々に女子から「なんとなくキモイ」と
嫌われていて、ますますY君を好きだったことが黒歴史になった
136 :絶望的な名無し(. . ) 2016/07/15(金) 17:39:24.58 ID:n1Kyn+yn.net

>>135
悪いと思いつつ笑ってしまった
それは辛いわw
137 :絶望的な名無し(. . ) 2016/07/16(土) 01:51:19.83 ID:DgithLlK.net

むしろ>>135が小学生のうちに告ってたらY君はイケメンリア充になって
180度違う人生が待っていたかもしれない
138 :絶望的な名無し(. . ) 2016/07/16(土) 08:16:22.79 ID:j39byLWI.net

>>137
同じこと思った
イケメンかは知らないけど拗らせなかったかも
139 :絶望的な名無し(. . ) 2016/07/16(土) 09:18:48.92 ID:m9V5LPiG.net

小学生で告白って難易度高いような。絶対冷やかされるし
なかなか出来ないもんじゃないかな。自分が小学生だったのは10年以上前の話だから
今の子は違うのかもしれないけど
140 :絶望的な名無し(. . ) 2016/07/16(土) 11:36:15.88 ID:O8//crIU.net

「えーなんで?あそぼーよ」って言われたくて自分から誘った友達がうちまで来てからやっぱ遊べないって断ってた小学生時代
中学校は荒れてるとこだったからナメられたらあかんって気張って俺女として中学デビュー口癖は「あ?んだよ雑魚が」
私もいい歳(14歳)だしと普段は穏やかだけどキレたらこわいやつキャラに変更して暗黒冷笑のあと突然壁を蹴ったりしてた
市内一の底辺高校に通い始めて穏やかキャラに不思議キャラがプラスされた
談笑してるクラスメイトたちの背後に立って「鈴の音が聞こえる…ほら聞こえる…。」とか微笑みながら言ってた
「はぁ?きっもw」とか言われても


ああああああああああああ
141 :絶望的な名無し(. . ) 2016/07/16(土) 11:50:49.99 ID:g5V9krIn.net

>>140
レベルたけーな
142 :絶望的な名無し(. . ) 2016/07/16(土) 14:03:46.68 ID:p/S50aqQ.net

いいことを教えてあげよう

何歳になろうとも厨二病は完治しない
143 :絶望的な名無し(. . ) 2016/07/16(土) 14:36:41.37 ID:O8//crIU.net

しかも地元方言だと言葉に影()が出ない気がしてそう言う時だけは関東弁にしてた

高校卒業前後はなにかの孤独キャラに感化されて誰も本当の私を解ってくれない…的な感じで自室の角で膝を抱えて泣いたり枕を抱き締めて泣いたり
その儚いワタシをチラチラ鏡で確認しながら
いや、孤独キャラもなにも実際友達いなかったんだけど

い、いまはそんなことしてないから!
123 :絶望的な名無し(. . ) 2016/07/09(土) 20:16:11.73 ID:/ACPrsSd.net

メンヘラ語りはいいからスレタイ読みなよ…





この記事へのコメント