【バキ】 勇次郎「劉海王の顔面の皮でクレープを作ることにしたぜ」

カテゴリ:雑談
タグ: アニメ
52ea689f-s.jpg





1 :絶望的な名無し(. . ) 2020/07/09(木) 18:20:10.706 ID:ZB37nLGy0.net

刃牙「アレ? こんなところにクレープ屋なんて出来たんだ」

刃牙「一つ買っていこうかな……スミマセ〜ン」

勇次郎「刃牙じゃねェか」

刃牙「オ……オヤジィ!?」

刃牙「なんでオヤジがこんなところに……ッッ!」

勇次郎「ちいとばかりクレープ屋を開くことにしてな」

刃牙(範馬勇次郎とクレープって……ミスマッチにも程があるっつーのッ!!!)
3 :絶望的な名無し(. . ) 2020/07/09(木) 18:21:10.160 ID:eaQK/GM80.net

刃牙ってクレープ食べるんだ
かわいいね
4 :絶望的な名無し(. . ) 2020/07/09(木) 18:21:47.981 ID:ikwSV54tr.net

>>3
高校生だからね
6 :絶望的な名無し(. . ) 2020/07/09(木) 18:23:31.457 ID:ZB37nLGy0.net

刃牙(だけどまァ……オヤジが普通に働くってのは別にワルいハナシじゃない……)

刃牙「味はどんなのがあるの?」

勇次郎「この中から好きなのを選べ」

刃牙「ヘェ〜、色々あるんだ」

刃牙「じゃあオーソドックスに……このバナナとチョコのやつで」

勇次郎「よし……さっそく調理(つく)るとするか、劉海王」

劉「フォッフォッフォ……」ヌウッ

刃牙「オワッ!?」

刃牙(烈さんの師匠の……なんでここに!?)
7 :絶望的な名無し(. . ) 2020/07/09(木) 18:24:13.671 ID:xIKBzLuLa.net

劉が協力してんのかよ
9 :絶望的な名無し(. . ) 2020/07/09(木) 18:26:22.220 ID:ZB37nLGy0.net

勇次郎「いくぜ」ヒュッ

ザクッ!

刃牙(オヤジの貫き手が、劉海王さんの顔面に刺さった!)

勇次郎「これを――」

ピッ

刃牙(皮をはぎ取ったッ!)

劉「……」ドサッ…

刃牙(当然倒れたッ!)
11 :絶望的な名無し(. . ) 2020/07/09(木) 18:29:15.184 ID:ZB37nLGy0.net

刃牙「それ……どうするの?」

勇次郎「こうしてはぎ取った劉海王の皮を……」

ジャブジャブジャブ…

勇次郎「まず、こうやって血を洗う」ジャブ…

刃牙(まるでタオルを洗うみたいに……ッッ)

勇次郎「洗ったら、このホットプレートに入れて焼く」

ジュワァァァァァ…

刃牙「〜〜〜〜〜〜ッッッ!」
12 :絶望的な名無し(. . ) 2020/07/09(木) 18:32:19.640 ID:ZB37nLGy0.net

勇次郎「ある程度焼けたら、こいつを取り出して……」

勇次郎「バナナを添えて……」ソッ…

勇次郎「チョコクリーム……」ニュルルル…

勇次郎「さらにホイップクリーム……」ニュルルル…

勇次郎「皮を巻いて……」サッ…

勇次郎「さァ……食え」

刃牙「食えるかッッッ!!!」
13 :絶望的な名無し(. . )

これは苦霊不(クレープ)
15 :絶望的な名無し(. . ) 2020/07/09(木) 18:38:08.938 ID:Xj3qjrcW0.net

武術省の三人の利き手のトッピングはよ
14 :絶望的な名無し(. . ) 2020/07/09(木) 18:36:24.128 ID:ZB37nLGy0.net

勇次郎「なぜ食わぬ」

刃牙「なぜ食わぬって……食えないよ、こんなの! 皮膚じゃん……人の皮じゃんッ!」

勇次郎「キサマとて、剥がれた唇の皮を食したことぐらいあるだろう。俺はある」

刃牙「(あんのかよッ!)そりゃあるかもしれないけどさ……」

刃牙「顔面の皮と唇の皮とじゃ、次元が違いすぎるっつーか……」

勇次郎「いいから食ってみろッ! せっかくのクレープを粗末にする気かッ!」

刃牙「わ、ワカったよ……」
16 :絶望的な名無し(. . ) 2020/07/09(木) 18:39:14.213 ID:ZB37nLGy0.net

刃牙(絶対マズいだろ……こんなの……)モグ…

モニュ… モニュ…

刃牙「……ウマい」

勇次郎「だろう」

刃牙「劉海王さんのダシ(?)みたいなものが利いてて、ものすごくオイシイ!」

勇次郎「よかったな、劉海王よ」

劉「うむ」

刃牙「オワッ!(普通に立ち上がってる!)」
17 :絶望的な名無し(. . ) 2020/07/09(木) 18:42:33.362 ID:ZB37nLGy0.net

勇次郎「このクレープ屋では、こうやって作ったクレープを提供していくワケだ」

劉「カッカッカ……」

刃牙「劉海王さん、できれば顔をこっちに見せないでもらえますか。グロイんで……」

刃牙「それに“提供していく”って……これじゃ一回きりしか作れないじゃん! 今ので終わりだよ!」

勇次郎「心配はいらねェ」

刃牙「え」

勇次郎「顔面の皮なら、ちゃんと大量に用意してある」

ズラッ…

刃牙「え〜〜〜〜〜ッ!?(ヒゲまでついてる)」
18 :絶望的な名無し(. . )

刃牙「どうやって……」

勇次郎「徳川のジジイに協力させて、クローン技術で劉海王の顔面の皮膚を量産した」

勇次郎「つまり、この皮を劉海王に張り付け、それを剥がし、クレープを作る」

勇次郎「理論上は無限にクレープを作れる……ってワケだ」

劉「そういうことじゃ」

刃牙「…………ッッ」

刃牙(クローン技術の無駄遣い)(皮をわざわざ張り付ける意味は!?)(そもそもなんでクレープ?)

刃牙(ツッコミどころが多すぎて、とてもツッコめない……)
19 :絶望的な名無し(. . )

勇次郎「このクレープで……クレープ界の地上最強に立つってのもワルくねェ……」

劉「我らの圧勝じゃよ」

勇次郎「エフッ、エフッ、エフッ」

勇次郎「ハハハハハハハハハハハハッ!!!!!」

劉「フォッフォッフォッフォッフォ……」

刃牙(本気だ……二人とも本気だ!)

刃牙(まあ、たしかにクレープはウマかったけど、どうなることやら……)
20 :絶望的な名無し(. . )

ハッタリは言わないからな…
22 :絶望的な名無し(. . ) 2020/07/09(木) 18:54:51.180 ID:RnEeNDtK0.net

どっちかと言うと北京ダックでは?
21 :絶望的な名無し(. . ) 2020/07/09(木) 18:52:23.802 ID:ZB37nLGy0.net

クレープ屋は本格的に始動し――

勇次郎「いらっしゃいッッッ!」

少女「クレープください」

勇次郎「毎度」

ザクッ! ピッ

JK「イチゴ味くださァ〜い」

勇次郎「ほれ」

ザクッ! ピッ

青年「ツナのやつお願いします……」

勇次郎「少し待ってろ」

ザクッ! ピッ
23 :絶望的な名無し(. . ) 2020/07/09(木) 18:55:07.257 ID:ZB37nLGy0.net

劉海王クレープを食した客の一人である、会社員・田上康介(24)はこう語っている――



「最初は顔面の皮で作ったクレープなんてゲテモノじゃん……って思いましたよ」

「だけど、食べてみるとウマいのなんの!」

「きっと100年生きたあのジイさんの闘気や覇気みたいなもんが、クレープの味をよくしてるんじゃないスか?」

「いやァ〜……是非また食べてみたいですね!」
24 :絶望的な名無し(. . ) 2020/07/09(木) 18:58:21.110 ID:ZB37nLGy0.net

ある日――

烈「範馬勇次郎ォォォッ!!!」

勇次郎「とうとうおめェもクレープを食いに来たか。これはこれは……願ってもない」

烈「そうではない! 貴様……我が老師に何をさせているのだッ!」

勇次郎「クレープの材料になってもらってる」

烈「キサマ……ッッ」

勇次郎「いっとくが、こいつはちゃんと劉海王も承知でやってるんだぜ」

劉「その通り」

烈「老師……!」
25 :絶望的な名無し(. . ) 2020/07/09(木) 19:01:31.763 ID:ZB37nLGy0.net

劉「ワシは大擂台賽で、この範馬勇次郎に敗れた……皮を剥がれてな」

劉「しかし、百年使った皮を一度剥がされたことで、ワシの精神はかえって若返っていた」

劉「手術で顔は元通りになったが、ワシの中にある種の“ひらめき”が生まれていた」

劉「ワシの皮をもっと有効活用できぬものかとな」

勇次郎「それがクレープだった……ってワケだ」

烈「ナ、ナルホド……」

劉「どうじゃ、烈。おぬしも手伝ってくれんか、このクレープ屋を」

勇次郎「ちょうど人手が欲しかったんだ。歓迎するぜ」

烈「手伝わせて頂きます」
26 :絶望的な名無し(. . ) 2020/07/09(木) 19:03:00.915 ID:FsaXaZ+Vr.net

一皮剥けたか(物理)
27 :絶望的な名無し(. . ) 2020/07/09(木) 19:04:34.341 ID:ZB37nLGy0.net

タッタッタ…

烈「大変なことになった……」

勇次郎「どうした」

烈「クレープ“100個”の受注が入った……ある小学校からだ……」

勇次郎「!」

劉「!」

烈「とりあえず保留にしたが、こんな注文さすがに受けるわけには……」
28 :絶望的な名無し(. . ) 2020/07/09(木) 19:08:27.555 ID:ZB37nLGy0.net

勇次郎「当然受注(うけ)る」

烈「しかしッ! 百回も皮を剥がされては、老師の体力が流石に持たぬッ!」

劉「烈よ……」

劉「私を侮辱する気かァァァッ!!!」

烈「……ッ!」

劉「範馬勇次郎よ、クレープを作るぞ、大至急ッッッ!」

勇次郎「さすがは……海王」ニィ〜

勇次郎「いつだったかの……貴様の百年は錯覚だったというのは訂正するぜ」

劉「フッ……」
29 :絶望的な名無し(. . ) 2020/07/09(木) 19:10:46.589 ID:ZB37nLGy0.net

ザクッ! ピッ ザクッ! ピッ ザクッ! ピッ ザクッ! ピッ ザクッ! ピッ ザクッ! ピッ

ザクッ! ピッ ザクッ! ピッ ザクッ! ピッ ザクッ! ピッ ザクッ! ピッ ザクッ! ピッ

ザクッ! ピッ ザクッ! ピッ ザクッ! ピッ ザクッ! ピッ ザクッ! ピッ ザクッ! ピッ

ザクッ! ピッ ザクッ! ピッ ザクッ! ピッ ザクッ! ピッ ザクッ! ピッ ザクッ! ピッ



…………

……
30 :絶望的な名無し(. . ) 2020/07/09(木) 19:13:18.394 ID:ZB37nLGy0.net

子供A「おいしー!」モニュ…

子供B「こんなにおいしいクレープ食べたのはじめて!」ムシャ…

子供C「皮がおじいさんの顔になってる! おもしれー!」ハム…



勇次郎「フン……ガキどもには過ぎた駄菓子だぜ」

烈「よかったですね、老師」

劉「うむ……このクレープはまさに“日中合作”じゃ……」
31 :絶望的な名無し(. . ) 2020/07/09(木) 19:16:18.723 ID:ZB37nLGy0.net

ところが――

刃牙「……あれ!?」



≪閉店のお知らせ≫



刃牙(オヤジのクレープ屋が……閉店!?)
32 :絶望的な名無し(. . ) 2020/07/09(木) 19:19:44.807 ID:ZB37nLGy0.net

勇次郎「刃牙か」

刃牙「オヤジ……閉店ってどういうこと?」

勇次郎「劉海王や烈とも話し合ってな……クレープ屋は辞めることにした」

刃牙「そうなんだ……」

劉「すまんのう……」

烈「ワガママを許して欲しい」

刃牙「いえ……」

刃牙(きっと劉海王さんの体力の事情だろうな……。もう一度食いたかったけど、仕方ないか)
33 :絶望的な名無し(. . )

……

……





刃牙「……アレ?」

刃牙「こんなところに餃子屋が出来たんだ……入ってみよっかな」
34 :絶望的な名無し(. . )

勇次郎「刃牙じゃねェか」

刃牙「オ……オヤジィ!?」

勇次郎「劉海王の顔面の皮で餃子を作ることにしたぜ」

劉「クレープより、餃子の具の方がワシの皮に合うと判明(わか)ったんじゃよ」

烈「ぜひ食べていってくれッ!」

刃牙「エ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜ッ!!?」







― 完 ―
35 :絶望的な名無し(. . ) 2020/07/09(木) 19:27:21.312 ID:FsaXaZ+Vr.net


餃子の海王将誕生ッ!





この記事へのコメント