【人工頭脳】MIT、小さな人工頭脳を開発 単一チップで人間の頭脳を再現 [ごまカンパチ★]

カテゴリ:科学
1 :絶望的な名無し(. . ) 2020/06/11(木) 10:03:04.76 ID:UsPU93lz9.net
https://news.yahoo.co.jp/articles/00dfc40cd8661b2203a4f24f2581dd4883b65d52
米マサチューセッツ工科大学(MIT)は8日(現地時間)、メモリスタを使った数万の人工シナプスを実装し、単一チップで人間の頭脳を再現したと発表した。

メモリスタ(memristorまたはmemory transistor)とは、通過する電荷を記憶して抵抗が変化する受動素子の一種であり、次世代の不揮発性メモリとして開発が行なわれている。
今回開発されたチップは、シリコンベースのメモリスタで構成され、数万の人工的シナプス(神経細胞の接合部)で人間の脳で行なわれるシナプスの情報伝達を再現している。
ちなみに人間の脳のシナプスの数は100兆個を超えている。

メモリスタは、ニューロモルフィック(神経形態学的)コンピューティングでは必須要素として捉えられており、回路上でトランジスタとして機能するが、
脳のシナプスと非常に似通った働きをすることが特徴。
脳のシナプスは1つのニューロン(脳の神経細胞)からイオンのかたちで信号を受け取り、次のニューロンへと一致する信号を送る。

一般的な回路のトランジスタでは、特定の強さの電流を受け取ったとき、0か1の2値で切り替えを行なって情報を送信する。
それとは対照的に、メモリスタでは脳のシナプスのように、送信する信号は受信する信号の強度によって変化し、単一のメモリスタで複数の値を持たせることが可能。
それゆえ、2進法のトランジスタよりも広範囲の命令を実行できる。

メモリスタは脳のシナプスのように、ある電流強度に関連づけられた値を“覚える”ことができ、次に似た大きさの電流を受け取ったときにまったく同じ信号を作り出すことができる。
この特性は複雑な方程式やオブジェクトの視覚的分類といったものの答えを、信頼たり得るものにする。
科学者らは、メモリスタが究極的には従来のトランジスタで作られるチップよりもさらに小さくでき、スーパーコンピュータやクラウドに頼らずとも
強力で携帯性に優れたデバイスを実現できるという。

ただし、既存のメモリスタの設計では、1つのメモリスタはスイッチング媒体によって分割された陽極と陰極で作られている。
この設計では、電圧が大きな電導チャネルを刺激する場合や、一方の電極から他方へとイオンが大量に流れる場合はうまく動作するが、
薄い電導チャネルを通して微弱な信号を作る場合は信頼性に難がある。
今回、MITの研究者らは、合金のなかで金属を溶かす冶金学の原理を活用し、この制限を回避する方法を発見した。

メモリスタの陽極の材料には普通銀が使われるが、新しく銀とシリコンの両方に結合できる理想的な合金素材である銅を採用。
まずシリコンで陰極を作り、微量な銅を堆積させた銀の層で陽極を作った。そして2つの電極の周りにアモルファスシリコン媒体を挟むという方法で、
1平方mmサイズで数万個のメモリスタで構成されるシリコンチップを生成した。

チップの最初の試験では、キャプテンアメリカのシールドをグレースケールで再現し、イメージ内の各ピクセルをチップ内のメモリスタを対応させた。
それから、対応するピクセルの色と関連が強かったそれぞれのメモリスタの伝導性を調節。
結果、チップはしっかりとキャプテンアメリカのシールドを“思い出す”ことができ、ほかの素材を使ったチップと異なり、何度も再現が可能だった。
また、このチップでMITのキリアンコートの画像にシャープやブラーをかけるといった画像処理タスクを実行してみたところ、
同じように変更が加えられたイメージを作り出すことに成功した。

現在MITの研究チームは、この人工シナプスを使って実際に推論テストを行なっており、この技術を発展させて大規模なアレイで画像認識タスクを実行したいとし、
いつの日か人工頭脳としてスーパーコンピュータやクラウドを使わずにこういったタスクを、持ち運び可能なサイズのデバイスで処理できるようになるかもしれないと述べている。
2 :絶望的な名無し(. . ) 2020/06/11(木) 10:04:00.38 ID:FdN1cQZK0.net
カレンデバイス
18 :絶望的な名無し(. . ) 2020/06/11(木) 10:09:49.76 ID:5PBbT+NK0.net
>>2
これは泣けた、子供心にしばらくショックうけた

あと地獄の壁も泣けた
3 :絶望的な名無し(. . ) 2020/06/11(木) 10:04:50.96 ID:5e28pRwD0.net
>>1
で、意識があるのか
38 :絶望的な名無し(. . ) 2020/06/11(木) 10:21:13.59 ID:M3oM8PqO0.net
>>3
おんどれに意識があるというのはおんどれのみの主張による
周りから見ればただの自動機械にしか見えん
78 :絶望的な名無し(. . ) 2020/06/11(木) 10:43:07.49 ID:SEJ6bZOb0.net
>>38
それ言ったら意識の有無の確認のしようがないから
意識研究とか無意味ってこのになるので
そういう意見はどうでもいい
興味ない
4 :絶望的な名無し(. . ) 2020/06/11(木) 10:05:48.83 ID:XGOuZJSz0.net
またどうせ適当なやうだろうと思ったが
メモリスタ、あっこれガチのやつだわ
5 :絶望的な名無し(. . ) 2020/06/11(木) 10:06:36.20 ID:7AWZ1xQO0.net
人工脳を移植出来るようになるのも時間の問題か
6 :絶望的な名無し(. . ) 2020/06/11(木) 10:06:41.80 ID:UWt+E43J0.net
サイバーダイン スカイネットですね!
わかります
7 :絶望的な名無し(. . ) 2020/06/11(木) 10:06:51.96 ID:mBBAVvhv0.net
量子コンピュータと組み合わせたらさぞかし
9 :絶望的な名無し(. . )
サラコナーはやくジョンを産んで
10 :絶望的な名無し(. . )
何だよこいつに支配されるのかよ
14 :絶望的な名無し(. . ) 2020/06/11(木) 10:08:27.29 ID:zvNRtOpK0.net
そんな高度な物じゃなくてストレージで十分なんだけど
16 :絶望的な名無し(. . ) 2020/06/11(木) 10:09:06.27 ID:deIpUyJT0.net
これが後に意思を持って人間を排除したすんてすね
17 :絶望的な名無し(. . ) 2020/06/11(木) 10:09:14.05 ID:P9c0Wc/D0.net
またAI同士で高度な会話初めて人間がビビって消す事になるのだろう
21 :絶望的な名無し(. . ) 2020/06/11(木) 10:12:17.78 ID:5mTqCHDw0.net
いずれは人間より高度な知能を持った人口AIとかもやっぱりできるんやろうな
22 :絶望的な名無し(. . ) 2020/06/11(木) 10:12:33.28 ID:1VcxQRvf0.net
そう言えば一時期漁師コンピューターの話題がやたら出てたが
細菌は全然音沙汰ないのう
どうなってるんだろうね?
27 :絶望的な名無し(. . )
>>22
コロナに殺られて漁に出れないんだろう
30 :絶望的な名無し(. . ) 2020/06/11(木) 10:14:53.29 ID:dAqCkyEw0.net
>>22
おまいは >>1 に淘汰される
23 :絶望的な名無し(. . ) 2020/06/11(木) 10:13:23.44 ID:2X3R0rJ90.net
人工知能が作られて仮にそこに自我が宿った時俺がそこに組み込まれてたらと考えると底知れぬ恐怖を感じる
39 :絶望的な名無し(. . ) 2020/06/11(木) 10:21:36.30 ID:XGOuZJSz0.net
>>23
これメモリスタで作った神経ニューロン的な感じのようなんでこれを
今のディープニューラルネットワークの研究からわかってきた
学習可能なニューラルネットワークのモデルをそのままメモリスタへ移植すれば
人工知能ではなくタイトルにある人口頭脳デバイスができる可能性があるわな
24 :絶望的な名無し(. . )
人間に取り付けられる技術もはよ
25 :絶望的な名無し(. . )
>>1
そんなのよりも人工毛根を早く作れや
35 :絶望的な名無し(. . ) 2020/06/11(木) 10:20:06.17 ID:+rXZYgSx0.net
>>25
人工知能が発明してくれる
31 :絶望的な名無し(. . )
ホルモンとか伝達物質は流石に無理なのかな?
感情持っちゃう?
32 :絶望的な名無し(. . )
んちゃ!
34 :絶望的な名無し(. . )
学習させるのに10年かかって
コピーできないオチ
42 :絶望的な名無し(. . ) 2020/06/11(木) 10:22:07.46 ID:M3oM8PqO0.net
>>34
この人工頭脳の加速学習処理が開発されて人間にも適用される事になる
40 :絶望的な名無し(. . ) 2020/06/11(木) 10:21:56.53 ID:6HdSzg3u0.net
無機物を使って神経細胞の働きを真似ようと頑張ってるけども
いずれは神経細胞そのものを使い始めるんじゃないかと予想する
最初はラットの神経細胞で試作する分には倫理的にもOK
細胞レベル→脳丸ごと→脳を拡張って感じで進んでいくだろう
45 :絶望的な名無し(. . )
早く電脳化してくれ、そしたらネットを彷徨うんや
59 :絶望的な名無し(. . )
>>45
けどさ、ネットの中で生存することになればつけ麺食えなくなるよ?
63 :絶望的な名無し(. . )
>>45
もう既に漂流してるw
50 :絶望的な名無し(. . ) 2020/06/11(木) 10:28:30.10 ID:jtf0dF9k0.net
いいんだけど
人間の真似する機械って意味あるの?
人間にでいないこと期待するんだけど
人間にできることは人間がやればいい
腐る程余ってるんだから
58 :絶望的な名無し(. . )
>>50
人間が出来ることすら出来ないうちに人間越えられるわけないだろ
64 :絶望的な名無し(. . )
>>58
人間ができることは
案外難しいことみたいね
51 :絶望的な名無し(. . ) 2020/06/11(木) 10:28:39.31 ID:XGOuZJSz0.net
こういう外部からプログラム出来ないようなデバイスを
迂闊に兵器に繋ぐとまじで人類滅亡する可能性あるからな
何も難しいことじゃない、ギロチン台に自分の首を置いて
刃を落とすスイッチを時々誤動作する機械を取り付けるってことだ
52 :絶望的な名無し(. . ) 2020/06/11(木) 10:29:01.37 ID:4+jSLtRD0.net
人工頭脳より脳に電極繋いでまるごとVR体験できるやつ早く作ってくれよ
死ぬ前に一度は異世界に行ってみたい
55 :絶望的な名無し(. . )
シュワちゃん
61 :絶望的な名無し(. . )
ゴーストはあるのか?
66 :絶望的な名無し(. . ) 2020/06/11(木) 10:35:28.63 ID:TzXgpqYo0.net
キャプテン・アメリカのシールド云々の試験内容がよくわからんのだけど
67 :絶望的な名無し(. . )
銃夢待ったなし
75 :絶望的な名無し(. . ) 2020/06/11(木) 10:40:38.01 ID:anZRneGh0.net
脳と言うか生物の神経伝達の仕組みを再現できるかもってハード側の話だから知能が宿るかは別じゃないか
76 :絶望的な名無し(. . )
>>1
なるほどわからん
77 :絶望的な名無し(. . )
雰囲気理解でたぶんイオンの扱いに苦戦しているのだろう
79 :絶望的な名無し(. . ) 2020/06/11(木) 10:45:16.50 ID:lukH+pbH0.net
人間が人間超え出したな
81 :絶望的な名無し(. . ) 2020/06/11(木) 10:46:45.25 ID:CfVdXPT30.net
脳と言う臓器の模倣にすぎない
勘違い多いなぁ
脳は成長により構造事態が多様性となる臓器で
成長影響を受けない原型は存在しないんだよ
82 :絶望的な名無し(. . )
生きるという本能が無いと人間にはならんだろう

この記事へのコメント